薬学部ランキングであなたの夢を叶える学校が見つかる!

比較データも潜入レポートも薬学部ランキングにおまかせ!ぴったりの学校を選んで、充実の学生生活を送ろう!

薬科部受験なんでもQ&A

学費はどのくらいかかるの?
学費はどのくらいかかるの?(イメージ)

標準修業年限が4年制から6年制に延長され、実習経験をしっかりと積んだ
薬学部生は、卒業後すぐからの即戦力として期待される存在ですが、
気になるのその学費。一体いくらくらいかかるのでしょうか。
関東私立薬科大学、総合大学薬学部の学費の相場を見てみましょう。

テーマ1
6年間で学費はいくらかかる?
当サイトで紹介している関東私立大学薬学部の20校を例にあげ、相場を見てみましょう。
まず、初年度納入金が一番高い大学が、昭和大学の2,796,000円で、一番安いのが国際医療福祉大学の1,850,000円です。昭和大学の初年度納入金が高いのは、1年次が全寮制であり生活費が含まれているからです。
6年間で学費が一番かかる大学が、城西大学薬学部の13,134,000円で、一番安いのが国際医療福祉大学で、9,600,000円になります。
6年間のその差額は3,534,000円と、大きな開きが出ました。
6年間にかかる学費平均値を算出したところ、12,222,237円となり、私立薬学部の学費として妥当なのは、この前後の金額だと言えるのではないでしょうか。
 
 
テーマ2
国立と私立の費用の違い
国立大学と私立大学は、どの学部でも国立大学の方がもちろん学費は安くなります。
国立大学薬学部の1年間の学費は、60万円程度が相場です。私立大学薬学部の1年間にかかる学費の平均はおよそ200万円程度なので、1年間だけでも140万円近くの差がついてしまいます。
私立大学にも国からの資金援助はある程度はあるものの、やはり運営の大部分は学生からの学費で賄うしかありませんから、仕方ない部分でもあります。その分、私立大学はキャンパスの環境が良く、設備が充実していることがほとんど。
薬剤師資格合格率を参考にしてみても、私立出身の学生の方が断然合格率が高いことが解っており、学校側の手厚いサポートや環境面での価値を感じることができるでしょう。
 
 
テーマ3
賢く学費を捻出するには
学費を賢く捻出するには、各学校の奨学金制度の利用がお得です。
国立大学だけでなく、私立大学にも奨学金制度は豊富に取り揃っています。オリジナルの給付金制度を導入している大学も数多くあります。
例えば慶應義塾大学の場合は、8つの奨学金制度を設けています。「慶應義塾大学奨学金」制度では、家計基準はなく、成績優秀者には各学部1年次1〜6名、2年次からは5名〜29名に、200,000円が給付されます。
明治薬科大学では、入学試験の成績上位者に対して、1年次の授業料を550,000〜1,340,000円を免除するという「特待生制度」が設けられています。
横浜薬科大学では入学試験で定員の半分が成績優秀合格者特典として
特別奨学生や特待生に採用されます。特待生が定員の10%、特別奨学生が
定員の40%、一般学生が定員の50%、これが原則として6年間適用されることは
魅力的で6年間の学費設計を考えると経済的に大変有難い設定です。
特別奨学生(年間1,800,000円)でも他大学と比較しても安い学納金に位置づけられます。
このように、各校独自の制度を設けている大学、そして地方自治体や民間機関の奨学金制度は大抵の大学で利用されているので、是非確認してみましょう。

⇒ 実際の大学の奨学金制度についてはコチラ